渡部敏哉 展「Somewhere not Here」

​©Toshiya Watanabe

CURRENT EXHIBITION

渡部敏哉 展「Somewhere not Here」

2017年11月4日より12月3日まで、POETIC SCAPEでは3度目となる渡部敏哉の個展 『Somewhere not Here』を開催致します。渡部はこの作品において、自らの意識の底にあるイメージを写真で掬い上げることを試みています。海、都市、草木など、実在する風景を撮影した写真からは現実感が消え失せ、一様に「ここではない、どこか別の場所」を暗示しているように見えます。重苦しい空気を孕んだビルの谷間、眩いばかりの光に包まれた丘などの写真には、不安定さと美しさが同時に存在しています。

 2013年の個展「18 months」にて渡部は、福島第一原子力発電所事故で警戒区域に指定され、非日常化してしまった故郷を、自分の記憶に残る「日常の故郷」と静かに重ねるように記録しました。一方、今作『Somewhere not Here』において渡部が写真化したイメージは、日常を被写体としながらも、その奥底に見え隠れする不明瞭なもの-「不穏な方向に変化していく世の中の空気感(非日常感)や不安な感情、不確かな希望(渡部の製作メモ)」-に接続しているように感じられます。 渡部が覗き込んだのは、水面につかみどころのない希望が輝き、川底に得体の知れない不安が堆積した、現代社会を流れる川のようなものなのかもしれません。

渡部敏哉(Toshiya Watanabe)
1966年福島県生まれ。多摩美術大学在学中にPARCOが主催する「期待される若手写真家20人展」に選出される。福島第一原子力発電所事故の影響で警戒区域に指定された故郷、福島県浪江町を記録した一連の作品はLe Monde(仏), THE BIG ISSUE(台湾)など海外メディアでも数多く紹介され大きな反響を呼んだ。 2016年STEIDL BOOK AWARD JAPANを他の7名の写真家と共に受賞、2018年にSTEIDL社から写真集の刊行を予定している。

<展示概要>
渡部敏哉 展「Somewhere not Here」
会場:
POETIC SCAPE
住所:
東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2017年11月4日(土)− 12月3日(日)
営業時間:
<初日11/4のみ16:00-20:00>
木~土 13:00-19:00 / 日 13:00-18:00 / 水 16:00-22:00
月・火・祝 休廊
<関連イベント>
◆オープニング レセプション
2017年11月4日(土)18:00-20:00
▶クロストーク:渡部敏哉 × 飯沢耕太郎(写真評論家)
2017年11月26日(日)17:00-18:30
会場:POETIC SCAPE
要予約、定員20名
参加費:1000円
クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com
またはPOETIC SCAPEのfacebookページのメッセージにて、参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。
*メールでのお申し込み後3日以内に返事がない場合はお手数ですがお電話にてご確認ください。

POETIC SCAPE is proud to present Toshiya Watanabe’s third exhibition, entitled ‘Somewhere not Here’ (4 November 2017 – 3 December 2017) Watanabe tries to scoop the images from the depths of his consciousness into photographs in this work. In [photographs of] real landscapes, such as the sea, the city, and vegetation, reality disappears, existing "not here, somewhere else". Both instability and beauty exist in the pictures such as the valleys between buildings with heavy air, dazzling lights surrounding hills, and so on.

At his solo exhibition "18 months" in 2013, Watanabe drew from memories to explore changes to his “everyday hometown” following its evacuation after the Fukushima Daiichi nuclear power plant disaster. On the other hand, the series "Somewhere not Here" uses society as the subject, focusing on the ambiguous thing that appears and disappears underneath everyday life- "the sense of air in the world changes in a disturbing direction (extraordinary feeling), uneasy feelings, uncertain hope".

These photographs peek into the river flowing through modern society, where unexplored hope shine on the surface, and unfathomable anxiety accumulates on the bottom.

Toshiya Watanabe (渡辺敏哉)
Toshiya Watanabe born in Fukushima Prefecture in 1966. He was elected as "Expected young photographer 20 people exhibition" organized by PARCO while he was at Tama Art University. A series of works that recorded Namie Town in Fukushima Prefecture as a warning area due to the influence of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident were also introduced in overseas media such as Le Monde (France) and THE BIG ISSUE (Taiwan) I called. In 2016 he received STEIDL BOOK AWARD JAPAN with seven other photographers, and in 2018 he is planning to publish photo books from STEIDL.

<Exibition Info>
4 November 2017(Sat)− 3 December 2017(Sun)
Opening day | 16:00-20:00
Thur-Sat, 13:00-19:00 / Sun 13:00-18:00 / Wed 16:00-22:00
Closed on Mon, Tue and National Holidays

<Related events>
◆ Reception party
Saturday, 4 November 2017, 18:00-20:00
at POETIC SCAPE

<Talk event>
The event will be held in Japanese Language.
Please check info above.

野村浩 展|もう一人の娘には、手と足の仕草に特徴がある。

​©Hiroshi Nomura

CURRENT EXHIBITION

野村浩 展|もう一人の娘には、手と足の仕草に特徴がある。

POETIC SCAPEでは2017年10月7日より22日まで、野村浩の個展『もう一人の娘には、手と足の仕草に特徴がある。』を開催致します。今年3月に開催した個展『Doppelopment』の対となる作品です。

Doppelopmentとは「自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種」を指すドイツ語 【Doppelgänger】(ドッペルゲンガー)と、写真の現像を意味する英語 【Development】から野村が作った造語です。野村は一人娘の「はな」を同じ場所で複数回撮影し画像を合成させる「ドッペル現像」(野村)により、もう一人の女の子「なな」を生み出しました。写真が嘘をつくことは今や概念的には誰でもわかっていることですが、その2人の少女の写真がダイアン・アーバスや牛腸茂雄による双子写真の名作を巧みに引用しつつ、美しいモノクロームプリントのかたちで目の前に提示された時、私達はデジタル技術全盛の現代でも『写真に写ったことは真実である』という写真にまつわる神話がいまだ有効であると確認したのでした。そしてその後野村自身も、自らが生み出したもう一人の娘の「存在」に、強く影響されるようになっていったのです。

-写真の中のもうひとりの娘、ふたたび-
「ドッペルゲンガーを見ると、死んじゃうんだよね?」 娘のはなが言った。 私は、「大丈夫、死なないよ。」と答えた。 ドッペル現像して以来、一人娘のはずが、 もうひとり増えたような不思議な気がして、 写真をみるたびに気配が増していく。 異国では、ドッペルゲンガーを見たら、 その人の名前を書いた紙や写真を川に流して 厄払いするらしいと何処かのウェブサイトに 書いてあったのを思い出した。 ストックしてあった、写真データを漁り、 写真の中に居る なな だけの本を作ろうと考えた。 前の写真集の並びに習い、置き換えた。 意外にも向こう側の景色は、カラーになった。 ひとりは、はな。もうひとりは、なな。 どちらも八歳で、もうすぐ九歳になる。-野村浩-

<展示概要>
野村浩 展|もう一人の娘には、手と足の仕草に特徴がある。
会場:
POETIC SCAPE
住所:
東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2017年10月7日(土)− 10月22日(日)
営業時間:
<初日10/7のみ16:00-20:00>
木~土 13:00-19:00 / 日 13:00-18:00 / 水 16:00-22:00
休廊日:
月・火・祝
<関連イベント>
◆Opening Reception
2017/10/7/18:00〜20:00
<関連書籍>
◆ 新作写真集『Doppelopment』(NANA)
判型:182mm x 237mm/頁数:74頁/写真点数:43点/付録付き
初版:100部/私家版/定価:2,500円+税

POETIC SCAPE will hold Hiroshi Nomura solo exhibition “Another daughter is characterized by the mannerisms of hands and feet" from October 7 to 22. This is a pair work of a solo exhibition "Doppelopment" held in March this year.

Doppelopment is a coined word made by Nomura from the German word “Doppelgänger” which is “a type of hallucination for seeing yourself on your own” and the English word “Development” in photography.

Nomura created another girl "Nana" by "Doppel-development" (Nomura) which photographs his real daughter "Hana" multiple times in the same place, and composited 2 images. The fact that "a photograph tells a lie" is now conceptually understood by anyone, but the photographs of the two girls quoted masterpieces of twin photographs by Diane Arbus and Shigeo Gocho , When presented in front of us in the form of a beautiful monochrome print, we confirmed that myths related to photographs "What is reflected in the photograph is true" is still effective, even in the modern age of digital technology. And Nomura himself becomes strongly influenced by the "existence" of another daughter that he created.

Venue: POETIC SCAPE|4-4-10 1F Nakameguro Meguroku Tokyo
Dates: October 7. 2017 - October 22
<Only 7 Oct 16:00-20:00>
Thur-Sat, 13:00-19:00 / Sun 13:00-18:00 / Wed 16:00-22:00 Closed on Mon, Tue and National Holidays

<Related events>
◆ Opening Reception
2017/10/7/18:00〜20:00

<Related publication>
◆ New photo book ”Doppelopment” (NANA)
size:182mm x 237mm/74 pages/43photographs /with supplements
first edition:100 copies/price:2,500 yen+tax

野村佐紀子 写真展「Ango」

​©Sakiko Nomura

CURRENT EXHIBITION

野村佐紀子 写真展|Ango

POETIC SCAPEでは2017年8月15日(火)より9月17日(日)まで野村佐紀子 写真展「Ango」を開催いたします。『Sakiko Nomura: Ango』は1946(昭和21)年に発表された坂口安吾の短編小説『戦争と一人の女』【無削除版】に、野村佐紀子が撮影した写真作品を加え、新たに編集し造本した “書物”です。その出版記念として、収録された作品に加え、野村佐紀子が新たにプリントした多重露光プリント他、今回の展示のための特別作品を交えて展示いたします。開館時間は異例の16:00-22:00。野村佐紀子の写真による濃密な空間を、夏の夜に出現させます。

<書籍『Sakiko Nomura: Ango』について>
グラフィックデザイナー/パブリッシャーである町口覚が、日本の写真家の写真と、日本の近現代文学を一冊の本という空間の中で交錯させること、新しい表現力をもつ“書物”を生み出すプロジェクト。第一弾〜第三弾の森山大道に続き、今回は野村佐紀子を迎えての第四弾となる。1946年に発表された坂口安吾の『戦争と一人の女』はGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の検閲により大幅に削除されて発表された。今回は2000年、『坂口安吾全集第十六巻』にようやく収録された『戦争と一人の女』【無削除版】と、野村佐紀子が撮影した写真を、町口覚が新しく編み造本した。『Sakiko Nomura: Ango』はドイツ語版が先行発売。英語版が7月に、そして日本語版は終戦の日、8月15日に発売される。

<展示概要>
野村佐紀子 写真展|Ango
会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2017年8月15日(火)− 9月17日(日)
水〜日 16:00-22:00
月・火 休廊(8月15日火曜日を除く)
協力: 写々者|マッチアンドカンパニー
*特別営業時間となっております。ご注意ください。
<関連イベント>
◆オープニング レセプション
2017年8月15日(火)18:00-22:00
▶クロストーク:野村佐紀子 × 町口覚
2017年9月16日(土)19:00-20:30
会場:POETIC SCAPE
要予約、定員20名
参加費:1000円
クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com
またはPOETIC SCAPEのfacebookページのメッセージにて、参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。
*メールでのお申し込み後3日以内に返事がない場合はお手数ですがお電話にてご確認ください。
*対談終了後はそのままクロージングパーティとなりますので、お時間あればご参加ください。
<関連書籍>
◆ 写真集『Sakiko Nomura: Ango』(日本語版・英語版・ドイツ語版)
判型:150mm x 213mm(A5版変形)/頁数:204頁/写真点数:69点
製本:ツイストハードカバーブックバインディング
発行元:bookshop M/発売元/shashasha
※会場で販売する日本語版にはサインが入っています。
定価:5,800円+税

POETIC SCAPE is pleased to announce Sakiko Nomura’s new exhibition “Ango” (15 August - 17 September). The exhibition follows the release of the photobook “Sakiko Nomura: Ango”, which combines photos by Sakiko Nomura with Ango Sakaguchi’s short-story “The War and a Woman” from 1946. Coinciding with the Japanese release of the book, we will exhibit multiple exposure prints as well as new artworks created especially for the POETIC SCAPE exhibition. The gallery will open its doors from 16:00 – 22:00, allowing the dense spaces of Sakiko Nomura’s photography to merge with the Tokyo summer nights.

<About “Sakiko Nomura: Ango” >
The latest entry in a project series by publisher and designer Satoshi Machiguchi in which he lets contemporary Japanese photographers engage with works of Japanese literature in the space of a book. After collaborating with Daido Moriyama for the first three entries in the series, Machiguchi chose Sakiko Nomura for this fourth and latest issue. Ango Sakaguchi’s short story “The War and a Woman” was released in 1946 heavily censored by the GHQ (the offices of the Supreme Commander for the Allied Powers during the occupation of Japan). The publication “Sakiko Nomura: Ango” features the uncensored edition of “The War and a Woman”, released in 2000, and new photographs by Sakiko Nomura. “Sakiko Nomura: Ango” was first released in German in June 2017. The English edition will be published in July, followed by the release of the Japanese version on 15 August.

<Exhibition info>
Sakiko Nomura: Ango – photography exhibition
POETIC SCAPE
Naka-Meguro 4-4-10 1F, Meguro-ku, Tokyo
15 August (Tue) – 17 September (Sun)
Open Wed-Sun 16:00-22:00|closed on Monday, Tuesday (except 15 August)
in collaboration with shashasha and Match and Company

<Related events>
◆ Reception party
Tuesday, 15 August 2017, 18:00 – 22:00
at POETIC SCAPE gallery

◆ Book reading event (Details TBD)
Details will be announced later on this website.

◆Opening Reception
June 28, 2017 18:00-22:00

<Related publication>
◆ Photobook “Sakiko Nomura: Ango” (available in Japanese, English & German)
Size: 150mm x 213mm (A5 format) / 204 pages / 69 photographs / Unique twisted hardcover book binding
Published by bookshop M / distributed by shashasha
※ All Japanese copies available at POETIC SCAPE are signed by the artist
Price: 5,800 JPY (+tax)

熊谷聖司|EACH LITTLE THING

​©Seiji Kumagai

PAST EXHIBITION

熊谷聖司|EACH LITTLE THING

POETIC SCAPEでは6月28日より7月30日まで、熊谷聖司 『EACH LITTLE THING』を開催いたします。2013年の『はるいろは かすみのなかへ』以来、POETIC SCAPEでの4年ぶり3度目の個展開催となります。

東日本大震災が発生した2011年、熊谷聖司は2つの写真プロジェクトをスタートさせます。その一つは震災発生1カ月後に東京の春を複雑な感情とともに捉えた『Spring, 2011』としてまとめられ、POETIC SCAPEの開廊企画展にて発表されました。そしてもう一つのプロジェクトがこの『EACH LITTLE THING』です。熊谷の精神、肉体と極めて近いところで製作された『Spring, 2011』と比較すると、本作の撮影は全て縦位置で統一、写真集はデザイナー・高橋健介氏に数百枚の写真の束を渡してセレクトと編集を依頼し、自分は極力干渉しないという、一見システマチックな製作方法を採っています。しかし熊谷本人は本作のテーマを「わたしの欲望とは何か」と設定し、3.11以降、自問自答しながら取り組み続けています。
『EACH LITTLE THING』は同タイトルの写真集10冊の刊行を念頭に制作が開始され、2015年の段階で#06まで刊行されています。展示に合わせ、#07、#08を2017年上半期に続けて刊行し、新作を過去の作品と合わせ構成し展示いたします。また2018年までに#09、#10の刊行を行い、7年間に及ぶ同プロジェクトの締めくくりとして、POETIC SCAPEでの展示開催が決定しております。皆様お誘い合わせの上ぜひご高覧ください。

<展示概要>
熊谷聖司|EACH LITTLE THING
会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2017年6月28日(水)~7月30日(日)
月・火 予約制(事前にメールにて予約)
水   16:00-22:00
木〜日 13:00-19:00
祝 休廊
*日曜日も営業いたします
<関連イベント>
◆オープニング レセプション
2017年6月28日(水)18:00-22:00
▶クロストーク:熊谷聖司 × タカザワケンジ(写真評論家)
2017年7月8日(土)18:00-19:30
会場:POETIC SCAPE
要予約、定員20名
参加費:1000円(トーク終了後、懇親会1ドリンク付)
クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)にて、参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。
*メールでのお申し込み後3日以内に返事がない場合はお手数ですがお電話にてご確認ください。
<関連書籍>
写真集『EACH LITTLE THING』(#01-#08)
発行所:マルクマ本店(#06以降)/ 発行人:熊谷聖司
編集・造本:高橋健介
判型:182×258mm / 中綴じ製本 / 24ページ / 作品点数22点
定価:1,713円+税

POETIC SCAPE will hold Seiji Kumagai “EACH LITTLE THING" from June 28 to July 30. It is the third solo exhibition by the photographer at POETIC SCAPE.

In 2011, when the Great East Japan Earthquake occurred, Seiji Kumagai started two photo projects. One of them is “Spring, 2011" which caught the spring of Tokyo with complicated feelings one month after the earthquake occurrence, and it was the opening exhibition of POETIC SCAPE.

Another project is "EACH LITTLE THING". Compared with “Spring, 2011” which was produced closely to his spirit and body, all of this work shot in the vertical position, then Kumagai handed over a bunch of hundreds of photographs to Mr. Kensuke Takahashi, the designer, to selection and editing to make the photo book. It seemingly looks systematic production method that Kumagai does not interfere as much as possible. However, Kumagai himself set the theme of this work as “What is my desire?”, and since 3.11, He continues to work on his own.

“EACH LITTLE THING” was started with the publication plan of 10 photo books with the same title, and has been published up to # 06 in 2015. In accordance with the exhibition, # 07 and # 08 will be published in the first half of 2017, and new works will be composed and exhibited together with past works. In addition, He will publish # 09 and # 10 by 2018, and POETIC SCAPE will hold exhibitions as a conclusion of the project for seven years.

<exhibition info>
Seiji Kumagai “EACH LITTLE THING”
Venue: POETIC SCAPE|4-4-10 1F Nakameguro Meguroku Tokyo
Dates: June 28. 2017 - July 30

Mon.,Tue. / by appointment
Wed. / 16:00-22:00
Thur.-Sun. / 13:00-19:00
National Holidays / Closed

◆Opening Reception
June 28, 2017 18:00-22:00

◆Cross talk
Seiji Kumagai x Kenji Takazawa (photography critic)
July. 8, 2017 18:00-19:30
1000yen with one drink
Booking needed in advance via email or message to our Facebook page
(The event will be held in Japanese Language)
*If you will not receive a conformation email from us within 3days, please call us.

<related publication>
◆ photo book ” EACH LITTLE THING” (#01-#08)
Published by Seiji Kumagai
Size:182×258mm/24 pages/22 color photographs
Editing&Book Design:Kensuke Takahashi
Price:1,713 yen+tax

原芳市 展|エロスの刻印

​photo bt Yoshiichi Hara

PAST EXHIBITION

原芳市 展|エロスの刻印

POETIC SCAPEでは5月10日より6月17日まで原芳市 展『エロスの刻印』を開催いたします。2015年の『淑女録』以来、POETIC SCAPEでの3度目の個展開催となります。
1993年、原芳市は東京と大阪での個展で発表した作品をまとめ、写真集を出版しようとしていました。ある日、その写真集を作ることになっていた出版社に行くと、その会社は知らぬ間に倒産しており、既にもぬけの殻。なくなったのは会社だけではなく、写真集出版のため預けていたポジフィルムも会社とともに消えていました。こうして写真集出版は頓挫します。

そんな「事故」から20年以上が過ぎた2016年、この幻の写真集を出版する計画が再浮上します。ポジフィルムは現在も行方不明ですが、残っていたプリントを最新のカメラシステムでデジタル化し原稿を製作、2017年5月、写真集『エロスの刻印』がついに刊行されることになりました。

原芳市といえば白黒写真が名高いですが、『エロスの刻印』はカラー作品。40代前半で撮影した本作品は、街の風景と女性を等価に、みずみずしく、時に幻想的に捉える原作品の世界観が、独特のカラーで定着されています。展覧会ではこのたび新たに製作したインクジェットプリント17点を展示、もちろん完成したばかりの写真集『エロスの刻印』も個展会場にて販売いたします。ぜひご高覧いただきますよう宜しくお願い致します。

<展示概要>
原芳市 展|エロスの刻印
会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2017年5月10日(水)~6月17日(土)
月・火 予約制(事前にメールにて予約)
水   16:00-22:00
木〜土 13:00-19:00
日・祝 休廊
<関連イベント>
◆オープニング レセプション
2017年5月10日(水)18:00-22:00
▶クロストーク:原芳市 × 髙橋義隆(写真批評家)
2017年5月20日(土)18:00-19:30
会場:POETIC SCAPE
要予約、定員20名
参加費:1000円(トーク終了後、懇親会1ドリンク付)
クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)にて、参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。
*メールでのお申し込み後3日以内に返事がない場合はお手数ですがお電話にてご確認ください。
<関連書籍>
◆写真集『エロスの刻印』 発行所:でる舎
判型:245mm x 250mm/頁数:120頁/写真:56点/カラー
ブックデザイン:鈴木一誌+下田麻亜也/デジタル・アーカイブス:西川茂
ソフトカバー、並製本/定価:4,600円+税

We are pleased to announce a Yoshiichi Hara exhibition "Erotic Engraving” from May 10 to June17, 2017. This is the 3rd solo exhibition of the photographer at POETIC SCAPE. In 1993, Yoshiichi Hara was about to publish a photo book with the work that presented at the solo exhibition in Tokyo and Osaka. One day, when he visited the publishing company that was supposed to make his photo book, he found that the company had gone bankrupt. The office was completely empty. Not only the company was gone but also the positive films deposited with the company for photo book publication was disappeared with the company. As the result the publication plan was discontinued.

In 2016, over 20 years since such 'accident', the publishing plan of this phantom book will reappear. Although the positive films are still missing, the remaining prints are digitized with the latest camera system to produce the printing document, and in May 2017, the photo book "Erotic Engraving" will be finally published. Speaking of Hara, his black-and-white photos are famous, but "Erotic Engraving" is color work.

This work photographed in his early 40’s, shows us Yoshiichi Hara’s perspective of the world - capturing the landscape of the city and women equally, fresh, sometimes fantastically - with his unique color.

We will exhibit 17 inkjet prints at the show, and of course the photo book “Erotic Engraving” will be released at the gallery.

Yoshiichi Hara “Erotic Engraving”
Venue: POETIC SCAPE|4-4-10 1F Nakameguro Meguroku Tokyo
Dates: May 10. 2017 - June 17

Mon.,Tue. / by appointment
Wed. / 16:00-22:00
Thur.-Sat. / 13:00-19:00
Sun., National Holidays / Closed

◆Opening Reception
May 10, 2017 18:00-22:00

◆Cross talk
Yoshiichi Hara x Yoshitaka Takahashi (photography critic)
May. 20, 2017 18:00-19:30
1000yen with one drink
Booking needed in advance via email or message to our Facebook page
(The event will be held in Japanese Language)
*If you will not receive a conformation email from us within 3days, please call us.

<related publication>
◆ photo book ” Erotic Engraving” Published by Delsha
Size:245mm x 250mm/120 pages/56 color photographs
Book Design:Hitoshi Suzuki + Maaya Shimoda
Digital Archives:Shigeru Nishikawa
Price:4,600 yen+tax

野村浩 展|Doppelopment

​photo bt Hiroshi Nomura

PAST EXHIBITION

野村浩 展|Doppelopment

2017年3月11日より、POETIC SCAPEでは4度目となる野村浩の個展【Doppelopment】を開催致します。Doppelopmentとは「自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種」を指すドイツ語 ”Doppelgänger”(ドッペルゲンガー)と、写真の現像を意味する英語 ”Development”から野村が作った造語です。『Slash』『ヱキスドラ ララララ・・・』『Invisible Ink』などの過去作において、現実と非現実のあいまいな境界について言及してきた野村浩ですが、今回は二卵性双生児である野村が自身の娘を被写体としてインストールした最新作となります。
展示にあわせ、同名の新作写真集も会場にて発売致します。ぜひご高覧頂きますようお願い申し上げます。

<展示概要>
野村浩 展|Doppelopment
会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2017年3月11日(水)~4月22日(土)
月・火 アポイント制
水   16:00-22:00
木〜土 13:00-19:00
日・祝 休廊
<関連イベント>
◆オープニング レセプション
2017年3月11日(土)18:00-22:00
▶クロストーク:野村浩 × 大森克己(写真家)
2017年4月1日(土)18:00-19:30
会場:POETIC SCAPE
要予約、定員20名
参加費:1000円(トーク後1ドリンク付)
クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)またはPOETIC SCAPEのfacebookページのメッセージにて、
参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。
*メールでのお申し込み後3日以内に返事がない場合はお手数ですがお電話にてご確認ください。
<関連書籍>
◆写真集『Doppelopment』
判型:182mm x 237mm/頁数:72頁/写真点数:38点/付録付き
初版:300部/定価:2,500円+税
◆ 写真集『Doppelopment』特装版(イラスト桐箱入り)
A5プリント 1点付き(イメージサイズ:100mm x 133mm/4種 各5枚から選べます)
判型:182mm x 237mm/頁数:72頁/写真点数:38点
限定20部/定価:15,000円+税

From March 11, 2017, POETIC SCAPE will hold the 4th Hiroshi Nomura solo exhibition [Doppelopment]. Doppelopment is a coined word made by Nomura from the German word “Doppelgänger” which is “a type of hallucination for seeing yourself on your own” and the English word “Development” in photography.

Hiroshi Nomura, who has mentioned about ambiguous boundaries between reality and unreality in the past works such as “Slash”, “EXDORA,RA,RA,RA,RA…” and “Invisible Ink”, this time he, a dizygotic twin, installed his own daughter as a subject for the latest work. We will also release a new photo book of the same name at the venue. We look forward to seeing you.

Hiroshi Nomura “Doppelopment"
Venue: POETIC SCAPE|4-4-10 1F Nakameguro Meguroku Tokyo
Dates: March 11. 2017 - April 22
Mon.,Tue. / by appointment
Wed. / 16:00-22:00
Thur.-Sat. / 13:00-19:00
Sun., National Holidays / Closed

◆Opening Reception
March 11, 2017 18:00-22:00

◆Cross talk
Hiroshi Nomura x Katsumi Omori (photographer)
April. 1 , 18:00-19:30
1000yen with one drink
Booking needed in advance via email or message to our Facebook page
(The event will be held in Japanese Language)
*If you will not receive a conformation email from us within 3days, please call us.

<related publication>
◆ photo book ”Doppelopment”
size:182mm x 237mm/72 pages/38photographs /with supplements
first edition:300 copies/price:2,500 yen+tax

◆ photo book ”Doppelopment” special edition (with illustrated box)
includes A5 print (image size:100mm x 133mm/you can choose from 4 different images)
size:182mm x 237mm/72 pages/38photographs /with supplements
Limited copies of 20/price:15,000 yen+tax

森山大道 写真展「Odasaku」

​photo by Daido Moriyama

PAST EXHIBITION

森山大道 写真展「Odasaku」

POETIC SCAPEでは2017年2月15日(水)より3月5日(日)まで森山大道写真展「Odasaku」を開催いたします。『Daido Moriyama: Odasaku』は無頼派の中心作家、織田作之助(織田作)の短編『競馬』と、森山大道が大阪で撮影した写真作品を交錯させる形で誕生した、新しい表現力をもつ“書物”です。その出版記念として、収録された森山作品のプリントと共に、展示に合わせ新たに製作したシルクスクリーン作品を交えて、一冊の本の中で拮抗する織田作の言葉と森山の写真を、展示空間に解き放つ試みとなります。

<『Daido Moriyama: Odasaku』について>
グラフィックデザイナー・パブリッシャーである町口覚が、森山大道の写真と日本の近現代文学を一冊の本という空間の中で交錯させることで、新しい表現力をもつ“書物”を生み出すプロジェクト。『Daido Moriyama: Odasaku』は、『Daido Moriyama: Dazai』(太宰治)、『Daido Moriyama: Terayama』(寺山修司)に続く第三弾となる。大阪に生まれ東京に居を移し33歳で死去するまで、実質わずか7年間の創作活動で『夫婦善哉』をはじめ、大阪に拘った作品を数多く残した織田作と、同じく大阪に生まれ、東京に向かい、世界的な写真家となった森山大道が故郷大阪へと立ち戻り撮った写真を、町口覚が新しく編み造本した。『Daido Moriyama: Odasaku』は英語にも翻訳され世界に発信される。

森山大道 写真展「Odasaku」
 
会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2017年2月15日(水)− 3月5日(日)会期中無休:13:00-19:00 *通常の営業時間とは異なっております
協力:
森山大道写真財団|写々者|マッチアンドカンパニー
展示構成:
町口覚
<関連イベント>
◆ 対談:森山大道 × 町口覚
2017年3月4日(土)17:30-19:00
*定員に達しましたのでお申し込み受付を終了いたしました。
<関連書籍>
◆ 写真集『Daido Moriyama: Odasaku』(日本語版・英語版)
判型:216mm x 190mm/頁数:180頁/写真点数:85点/英語版:エディションナンバー・サイン入り
※会場で販売する日本語版にはサインが入っています。
定価:5,800円+税
◆ Limited Edition Portfolio of 10 Silkscreen Prints
『Daido Moriyama: Odasaku』
判型:364mm x 315mm/シルクスクリーン印刷されたポートフォリオ10枚セット/特製ケース入り
限定150部/エディションナンバー・サイン入り
予価:50,000円+税

EXHIBITION “ODASAKU” by DAIDO MORIYAMA
Location: POETIC SCAPE|4-4-10 1F Nakamegurfo Meguroku Tokyo
Duration: 2017/ Feb.15(WED)− Mar.5(SUN) Open all days (incl. Sundays & holidays) from 13:00-19:00
in cooperation with Daido Moriyama Photographic Foundation|shashasha|Match and Company
Organization: Satoshi Machiguchi

POETIC SCAPE will host Daido Moriyama’s exhibition “ODASAKU” between February 15th and March 5th.
“Daido Moriyama: Odasaku” is a book that pairs photos taken by Daido Moriyama in Osaka with the short-story “At the Horse Races” by Japanese writer Sakunosuke Oda (“Odasaku”), a central figure of the Burai-ha literary movement. Within the space of the book, both works converse and influence each other, giving rise to new nuances in both Moriyama’s photos and Odasaku’s text. To celebrate the publication of the book, POETIC SCAPE’s exhibition “ODASAKU” will combine words from Sakunosuke Oda’s short-story with photographs by Daido Moriyama, silkscreen-printed specially for the occasion of the exhibition.

<About “Daido Moriyama: Odasaku”>
Graphic designer and publisher Satoshi Machiguchi lets photographs by Daido Moriyama interact with works by important Japanese writers to create books with a new kind of expressive power. “Daido Moriyama: Odasaku” is the third iteration in the series, after “Daido Moriyama: Dazai” (with a short-story by Osamu Dazai) and “Daido Moriyama: Terayama” (with texts by Shuji Terayama). Despite his short active writing period of merely seven years, Osaka native Oda Sakuonsuke left behind an important literary legacy, his countless works - most famously “Hurray for Marriage” - describing life in Osaka, before dying in Tokyo at age 33. Satoshi Machiguchi brilliantly re-arranged Sakunosuke Oda’s words with photographs taken by Moriyama – himself an Osaka native who then moved to Tokyo – in his old hometown. “Daido Moriyama: Odasaku” is available in both English & Japanese editions and can be purchased worldwide.

<Related event>
◆ Discussion: Daido Moriyama x Satoshi Machiguchi March 4th 2017 (Sat), 17:30-19:00
Location: Poetic Scape Reservation required, admission limited to 25 guests
Entry fee: 7,000 Yen (includes signed copy of “Daido Moriyama: Odasaku”) For registration, please send an e-mail including names and number of registrants to: front-desk@poetic-scape.com
* Please note: due to space limitations, seating can only be provided for a limited number of audience members. We ask for your understanding. * The event will be held in Japanese Language.

<Related publications>
◆ Photobook『Daido Moriyama: Odasaku』(English edition / Japanese edition)
Format: 216mm x 190mm / 180 pages / 85 photographs / English edition numbered and signed
* Japanese editions sold at the venue includes signature by Daido Moriyama
Price: 5’800 Yen (plus tax)

◆ Limited Edition Portfolio of 10 Silkscreen Prints “Daido Moriyama: Odasaku”
Format: 364mm x 315mm / set of 10 silkscreen prints in special case Numbered and signed.
Limited edition of 150
Price: 50’000 Yen (plus tax)

ギャラリーコレクション展『Gallery Show 2017』

​from Gallery Show 2016

PAST EXHIBITION

ギャラリーコレクション展『Gallery Show 2017』

POETIC SCAPEでは、2017年1月11日より2月11日まで、ギャラリーコレクション展『Gallery Show 2017』を開催致します。
現在ギャラリーで取り扱っている作品を、各作家数点ずつセレクトして展示します。

また同日より、日本やアジアの写真集を世界に発信し続けているshashasha(写々者)とPOETIC SCAPEのコラボレーション企画第一弾がスタート。
ギャラリー奥のストアスペースにshashashaセレクトのphoto book shopが期間限定でオープンします。
なお、コラボレーション第二弾は2月中旬スタート予定です。企画内容が決まり次第お知らせいたします。

寒い季節の開催となりますが、是非ご来場ください。

【展示作家】
野村浩|佐久間里美|渡部敏哉|原芳市|熊谷聖司|尾黒久美
福山えみ|達川清|多田ユウコ|大洲大作|木原悠介|宮田明日鹿
【共同開催】
photo book store selected by shashasha
会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2017年1月11日(水)~2月11日(土・祝)*祝日2/11は臨時営業いたします。
協力:
shashasha

A group show with selected works from the past exhibitions at POETIC SCAPE
Also the first part of collaboration project between shashasha and POETIC SCAPE will start from the same day,
A special photo book store selected by shashasha opens for a limited time.

The second part of collaboration project is scheduled to start in the middle of February.
We will inform you as soon as possible.
It will be held in a cold season, but please come visit us.

Venue: POETIC SCAPE
Date: Jan.11. 2017 (Wed.) - Feb.11 (Sat.) *open Feb.11 as exception.
Cooperation: shashasha

【Participating Artists】
Hiroshi Nomura|Satomi Sakuma|Toshiya Watanabe|Yoshiichi Hara|Seiji Kumagai|Kumi Oguro
Emi Fukuyama|Kiyoshi Tatsukawa|Yuko Tada|Daisaku Oozu|KIHARA Yusuke|Asuka Miyata

【collaboration project part 1】
photo book store selected by shashasha

宮田明日鹿 展『con/text/image』

©Asuka Miyata

PAST EXHIBITION

宮田明日鹿 展『con/text/image』

POETIC SCAPEでは11月23日(水)より12月24日(土)まで、宮田明日鹿 展「con/text/image」を開催いたします。

宮田は展覧会で観た作品のタイトルや説明が書かれたキャプションを、メモ代わりにカメラで撮影してきました。本作ではその写真データを、モノクロ変換や解像度等の調整を行ったのち、改造した家庭用電子編み機にデジタルデータを読み込ませ、最終的に編み物として作品を発表します。本来作品を補足説明するテキストが写真化し、手触りのある編み物の作品となり、そして再び作品の情報を求めキャプションへとたち戻る循環において、引き継がれつつ変化するモノと情報の相互関係や前後関係 (context) を考察します。

会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2016年11月23日(水)~12月24日(土)
*11/23、12/23の祝日は臨時営業いたします
月・火 予約制
水   16:00-22:00
木〜土 13:00-19:00
日・祝 休廊
*11/23、12/23の祝日は臨時営業
▶オープニング レセプション
2016年11月23日(水)18:00-22:00
▶クロストーク:宮田明日鹿 × 小林美香(東京国立近代美術館客員研究員)
2016年12月10日(土)18:00-19:30
会場:POETIC SCAPE
要予約、定員20名
参加費:1000円(トーク後1ドリンク付)
クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)またはPOETIC SCAPEのfacebookページのメッセージにて、
参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。
▶ワークショップ:『写真を編む』
2016年12月11日(日)
(1)11:00-14:00
(2)15:00-18:00
会場:POETIC SCAPE
要予約、各回定員5名
参加費:5000円(材料費含む)
昔や最近のこと、旅行の思い出、物語のある写真を編み出します。
改造した電子編み機を使って糸から布を編み出すワークショップです。
思い出は時間と共に変化することがあります。その変化を可視化してみませんか?
写真から編み物サイズに変換すると画質が荒くなり、抽象的な見え方へと変わってしまいます。
仕上がりサイズはA4 くらいです。30色くらいから選んで頂けます。
*まったく写真とは違ったものに仕上がることがありますが、それは、ニットに出力する楽しみでもあります。
<プログラム>
1、写真をPCから編み機にデータを送信します。
2、30種類の糸から好きな糸を2種類選びます。
3、編み機で写真をニットに編んでいきます。(A4サイズくらい)
4、仕上げ作業でアイロン、接着芯を貼り付けます。
<お申し込み>
ワークショップのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)またはPOETIC SCAPEのfacebookページのメッセージにて、
参加希望の時間帯、参加者の氏名をお知らせ下さい。
お申し込みの際、自分が撮影した写真データをメールにてお送りください。作家が事前にデータ加工等の準備を行います。
<参加条件>
写真のデータを開催日の1日前までに送れる方
小学生以下のお子様が参加の場合は保護者同伴でお願い致します。
【宮田明日鹿|Asuka Miyata】
1985年名古屋生まれ。桑沢デザイン研究所卒業。 糸や、写真を素材に人の記憶の曖昧さや偶然性をテーマに作品を制作し、 国内各地でワークショップ、アートプロジェクトなども展開するニット、テキスタイルアーティスト。 生産中止となった家庭用電子編み機を改造、家庭用編み機の可能性を探り何でも作るニット製作所「宮田編機」主宰。家庭用編み機研究家。 南ドイツの小さな村の名誉村民

We are pleased to announce Asuka Miyata solo show “con/text/image” at POETIC SCAPE from Nov 23 to Dec 24.

Asuka Miyata has been photographing the captions of artworks at exhibitions as memorandum.
In this work, she applies some adjustmets on the photographic data, such as changing its color into black and white, reducing resolution.
Then she transfers the data into a “converted home use knitting machine”. Finally the data is produced as fabric artwork.
There is a cycle : text which supplies information to artwork is changed into a photograph, transformed into fabric, then we go back to the text again to get information of the artwork.
We look at the context of things and information which is taken over and transformed within the cycle.

Nov 23 to Dec 24. 2016
at POETIC SCAPE
*open on Nov 23 and Dec 23 as exception.

Mon.,Tue. / by appointment
Wed. / 16:00-22:00
Thur.-Sat. / 13:00-19:00
Sun., National Holidays / Closed
*open on Nov 23 and Dec 23 as exception.

▶<Opening Reception>
Nov. 23. 2016 18:00-22:00

▶<Crosstalk and Workshop will be held in Japanese Language.>
Please see information above in Japanese.

木原悠介展『DUST FOCUS』

©Kiyoshi Tatsukawa

PAST EXHIBITION

達川清 展『HYSTERIC GLAMOUR 1988-1989』

POETIC SCAPEでは9月21日(水)より11月5日(土)まで、達川清 展「HYSTERIC GLAMOUR 1988-1989」を開催いたします。昨年の「QUAU in photo」に続き2度目の達川清個展開催となります。

80年台後半、HYSTERIC GLAMOURのデザイナー、北村信彦と、ファッション写真の第一線で活躍していた写真家、達川清が出会い、同ブランドの1988-89年ウインターシーズン用に写真を撮り下ろすことが決定します。その内容は8×10インチカメラ使用、モデルは全員素人、都内各所でゲリラ撮影という型破りなもの。「予算もなかったし、個性の強い奴でやりたかった」(北村)。ライブハウスやクラブなどで若者に声をかけ集められたモデルの中には、のちに現代美術家となる森万里子氏やミュージシャンの屋敷豪太氏もいました。

時にはその場にいた通行人も巻き込み撮影された写真は、最終的に超大版のザラ紙に印刷され配布されました。この当時から通常のファッション写真を超える活動を模索していた北村氏が、その後1991年から始まる写真集「Hysteric」シリーズの出版に至る大きなきっかけの一つとなったプロジェクトです。今回新たにプリントされた8点の写真作品、撮影当日のメイキング映像、そして貴重なオリジナル印刷物を展示いたします。

会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2016年9月21日(水)~11月5日(土)
協力:
HYSTERIC GLAMOUR | フォトグラファーズ・ラボラトリー | 田村写真
月・火 アポイント制
水   16:00-22:00
木〜土 13:00-19:00
日・祝 休廊
▶オープニング レセプション
2016年9月21日(水)18:00-22:00
▶クロストーク:達川清 × 北村信彦(HYSTERIC GLAMOUR)
2016年10月8日(土)18:00-19:30
会場:POETIC SCAPE
要予約、定員20名
参加費:1000円(トーク後1ドリンク付)
クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)またはPOETIC SCAPEのfacebookページのメッセージにて、
参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。
【達川清|Kiyoshi Tatsukawa】
1948年、愛媛県生まれ。1972年日本大学芸術学部写真学科卒業。
大学在学中より流行通信等の雑誌で活躍。作家活動も積極的に行い個展等での発表のほか、三好耕三、広川泰士など同世代の写真家と共同発行した写真雑誌「GRAIN」(1977〜1979)での活動や、彫刻家、故・三上浩とのプロジェクト「硄 in photo」でも多数展覧会を開催。主な個展に1986年「花咲花散」(G.DOT.C.|京都)、2015年「QUAU in photo」(POETIC SCAPE|東京)、グループ展は1990年「脱走する写真|11の新しい表現」(水戸芸術館|茨城)ほか多数。1995年、フランス国立図書館に作品が収蔵される。

We are pleased to announce Kiyoshi Tatsukawa’s solo show “HYSTERIC GLAMOUR 1988-1989” at POETIC SCAPE from September 21 to November 5. This is the second show of Kiyoshi Tatsukawa at POETIC SCAPE since his show “QUAU in photo” in 2015.

In the late 1980s, Nobuhiko Kitamura, designer of HYSTERIC GLAMOUR met a photographer Kiyoshi Tatsukawa who was very active in fashion photography. The plan they made for the shooting of 1988-89 season was quite challenging, <using 8x10 camera, no professional models, and street shooting without permission>. “The budget was small anyway, but more importantly we wanted to use kids with strong characteristic” (Kitamura). They looked for the unique young at live houses and nightclubs, invited to be a fashion model. Among those “kids” there were artist Mariko Mori and musician Gota Yashiki who became widely known to the public a couple of years later.

The shooting carried out with sometimes involving people on the street. The images finally printed on the huge rough paper, handed out to public. Kitamura had been looking for the nest action which beyond ordinary fashion photos. This project became an important trigger for him to move forward to publish the series of photo books “Hysteric” in 1991. In this exhibition, 8 photographic prints, video footage of the actual photo shooting, and the original handout which made in 1988 will be shown at the gallery.

Sep. 21 - Nov. 5. 2016
at POETIC SCAPE
cooperation: HYSTERIC GLAMOUR | Photographers' Laboratory | Tamura Shashin

Mon.,Tue. / by appointment
Wed. / 16:00-22:00
Thur.-Sat. / 13:00-19:00
Sun., National Holidays / Closed

▶<Opening Reception>
Sep. 21. 2016 18:00-22:00

▶<Cross talk>
Kiyoshi Tatsukawa x Nobuhiko Kitamura (HYSTERIC GLAMOUR)
Oct. 8 , 18:00-19:30
1000yen with one drink
Booking needed in advance via email or message to our Facebook page
(In Japanese Language)

木原悠介展『DUST FOCUS』

©KIHARA Yusuke

PAST EXHIBITION

木原悠介展『DUST FOCUS』

POETIC SCAPEでは6月29日(水)より8月6日(土)まで、木原悠介 展『DUST FOCUS』を開催いたします。
2014年、Studio 35 Minutesで開催された初個展は評判を博しました。今回はその初個展を再構成し、POETIC SCAPEて展示いたします。 また展示開催とほぼ同時に、SUPER BOOKSから木原悠介写真集『DUST FOCUS』も出版されます。

なお、7/16開催のクロストークは東京国立近代美術館客員研究員の小林美香氏をお迎えして開催いたします。
ぜひご高覧いただきますよう宜しくお願い致します。

会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2016年6月29日(水)~8月6日(土)
協力:
Studio 35 Minutes / SUPER BOOKS
月・火 アポイント制
水   16:00-22:00
木〜土 13:00-19:00
日・祝 休廊
▶オープニング レセプション
2016年6月29日(水)18:00-22:00
▶クロストーク:木原悠介×小林美香(東京国立近代美術館客員研究員)
2016年7月16日(土)18:00-19:30
会場:POETIC SCAPE
要予約、定員20名
参加費:1000円(トーク後1ドリンク付)
クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)またはPOETIC SCAPEのfacebookページのメッセージにて、
参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。
【木原悠介プロフィール】
1977年広島県生まれ。
Studio 35 Minutesにて初個展「Dust Focus」を開催

We are pleased to announce KIHARA Yusuke’s solo show “DUST FOCUS” at POETIC SCAPE from Jun 29 to August 6.
HIs first solo show at Studio 35 Minutes earned an excellent reputation. We will reconstruct the show to exhibit at POETIC SCAPE. His photo book “DUST FOCUS” will be published in June.

▶KIHARA Yusuke profile
Born in Hiroshima in 1977.
First solo exhibition at Studio 35 Minutes in 2014

June. 29 - August. 6. 2016
at POETIC SCAPE
cooperation: Studio 35 Minutes / SUPER BOOKS

Mon.,Tue. / by appointment
Wed. / 16:00-22:00
Thur.-Sat. / 13:00-19:00
Sun., National Holidays / Closed

▶<Opening Reception>
June. 29. 2016 18:00-22:00

福山えみ展『岸を見ていた』

©Emi Fukuyama

PAST EXHIBITION

福山えみ展『岸を見ていた』

POETIC SCAPEでは5月11日(水)より6月18日(土)まで、福山えみ 展『岸を見ていた』を開催いたします。
2012年の『A Trip to Europe』以来、POETIC SCAPEでは約4年ぶりの個展となります。
また5/21開催のクロストークには、写真家の尾仲浩二氏をお迎えします。
ぜひご高覧いただきますよう宜しくお願い致します。

私と向こう岸の間には、大きな小さなたくさんの水のうねり。
流れは速くないが、とどまることなくうねり続け、なかなか渡れそうもない。
私の立っているところは、やはりこちら側の岸なのだろうか。
いや、水上の流れに身を任せて漂っている小舟かもしれない。
ゆらゆらと不安定なその足元になんとかこらえて立ちながら、
うねりの向こう側にある岸を見ていた。
ただ静かにそこにある岸。
そんな一年だった。
-福山えみ-

会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2016年5月11日(水)~6月18日(土)
月・火 アポイント制
水   16:00-22:00
木〜土 13:00-19:00
日・祝 休廊
▶オープニング レセプション
2016年5月11日(水)18:00-22:00
▶クロストーク:福山えみ×尾仲浩二(写真家)
2016年5月21日(土)18:00-19:30
会場:POETIC SCAPE
要予約、定員20名
参加費:1000円(トーク後1ドリンク付)
クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)またはPOETIC SCAPEのfacebookページのメッセージにて、
参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。
【福山えみプロフィール】
1981年佐賀県生まれ。東京女子大学卒業。
東京ビジュアルアーツ卒業後、2008〜2011年にTOTEM POLE PHOTO GALLERYのメンバーとして活動。現在東京を拠点に活動中。主な個展に「しずまないうちに」(2006年, LOTUS ROOT GALLERY)、「月がついてくる1〜6」(2008〜2011年, TOTEM POLE PHOTO GALLERY)、「月がついてくる」(2010年, ギャラリー冬青)、「A Trip to Europe」(2012年, POETIC SCAPE)、「KA KI WA RI」(2014年, バー鳥渡)など。写真集に「月がついてくる」(2010年, 冬青社)、「A Trip to Europe」(2011年, mcvmcv)、「Before Sunset Comes」(2012年, oodee)

We are pleased to announce Emi Fukuyama’s solo show at POETIC SCAPE “I Had Seen the Shore” which is her 2nd solo exhibition at POETIC SCAPE since “A Trip to Europe” in 2012.

Between the other shore and me―many swells, large and small.
They were not flowing quickly, but they continued without end; it did not look easy to cross.
The place where I stand―is that, after all, the shore of this side?
Or―perhaps it is a small boat that floats along, having given itself up to the flow of the water.
While managing to stand on my swaying, unstable feet,
I saw a shore on the other side of the swells.
The shore was there, completely still.
It was that sort of year.
-Emi Fukuyama-

May. 11 - June. 18. 2016
at POETIC SCAPE

Mon.,Tue. / by appointment
Wed. / 16:00-22:00
Thur.-Sat. / 13:00-19:00
Sun., National Holidays / Closed

▶<Opening Reception>
May. 11. 2016 18:00-22:00

大洲大作展『Afterglow』

©Daisaku Oozu

PAST EXHIBITION

大洲大作展『Afterglow』

POETIC SCAPEでは3月23日より4月30日まで、大洲大作 展『Afterglow』を開催いたします。

大洲大作は列車やバスなどの車窓から見える光景、とりわけ光を知覚する行為に着目し作品を制作してきました。
本作品は地下鉄の車窓越しに見えるごくありふれた光を捉えたものですが、それは我々が暗いトンネルの中、軌道上を走る列車の「移動する窓」を介してしか見ることのできない「近く、遠い場所」(大洲)にある光でもあります。
本展示は、流れ去りゆく光を平面上に定着させたプリント作品と、一度捕らえた光に再び時間と空間を与えるかのようなプロジェクション作品で構成されます。光という身近かつ根源的なテーマに対し、あらためて向き合う機会になれば幸いです。

会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2016年3月23日(水)~4月30日(土)
協賛:
エプソン販売株式会社
月・火 アポイント制
水   16:00-22:00
木・金 13:00-19:00
土   11:00-19:00
日・祝 休廊
▶オープニング レセプション
2016年3月23日(水)18:00-22:00
▶クロストーク:大洲大作×佐藤時啓(写真家/東京藝術大学美術学部教授)
2016年4月16日(土)18:00-19:30
会場:POETIC SCAPE
要予約、定員20名
参加費:1000円(1ドリンク付)
クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)またはPOETIC SCAPEのfacebookページのメッセージにて、
参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。
【プロフィール】
1973年、大阪市生まれ。横浜市在住。
主な展覧会に「Fly me to the AOMORI」(青森県立美術館館外企画, 2015年)、「光路 -Optical Path-」(サイギャラリー, 2015年)、「光のシークエンス」(ギャラリー・パルク, 2014年)、「始発電車を待ちながら」(東京ステーションギャラリー, 2012年)、「INVISIBLESCAPES」(galerie son, 2012年)、「NO MAN'S LAND」(サードギャラリーAya、1999年)など。2016年、さいたまトリエンナーレに出展。

We are pleased to announce Daisaku Oozu's first solo show at POETIC SCAPE “Afterglow”

Daisaku Oozu has been producing his work on the view seen from a car window of public transports, especially under the theme of the perception of light.
This work shows the light seen and captured through the car window of the subway. It is common light for us, but that is also the light in “ near and far place” (Oozu) which we can see only through the car window running on the orbit in a dark tunnel.
This exhibition will consist of the print works on which the moving light fixed, and the projection work as if the light once captured by camera, then given time and space again.

Mar.23 - Apr.30.2016
at POETIC SCAPE
Supported by Epson Sales Japan Corp.

Mon.,Tue. / by appointment
Wed. / 16:00-22:00
Thur.-Fri. / 13:00-19:00
Sat. / 11:00-19:00
Sun., National Holidays / Closed

▶<Opening Reception>
Mar.23.2016 18:00-22:00

Gallery Show 2016

(前回のギャラリーコレクション展 会場風景)

PAST EXHIBITION

ギャラリーコレクション展『Gallery Show 2016』

POETIC SCAPEでは、2016年2月17日より3月12日まで、ギャラリーコレクション展『Gallery Show 2016』を開催致します。

過去POETIC SCAPEで展示した作品から各作家数点ずつセレクト。様々な作家の作品を一同に紹介致します。

【出展予定作家】
野村浩、佐久間里美、原芳市、渡部敏哉、熊谷聖司、尾黒久美、福山えみ、エレナ・トゥタッチコワ、達川清、多田ユウコ

会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2016年2月17日(水)~3月12日(土)
▶オープニング レセプション
2016年2月17日(水)18:00-22:00

A group show with selected works from the artists who held solo exhibition at POETIC SCAPE in the past.

Feb.17. 2016 (Wed.) - Mar.12 (Sat.)
at POETIC SCAPE

【Participating Artists】
Hiroshi Nomura, Satomi Sakuma, Yoshiichi Hara, Toshiya Watanabe, Seiji Kumagai, Kumi Oguro, Emi Fukuyama, Elena Tutatchikova, Kiyoshi Tatsukawa, Yuko Tada

▶<Opening Reception>
Feb.17.2016 18:00-22:00

toshiya wtanabe

©Hiroshi Nomura

PAST EXHIBITION

野村浩 展『Invisible Ink』

「青い魔法のインク」の異名を持つInvisible Ink(インビジブルインク)は、イギリス Argleton に住む William Louis が、銀塩の技術が衰退し、デジタル化が進む今日に、写真の魔法を取り戻すことを願って再製品化したインクです。
ぜひご高覧いただけますよう宜しくお願い致します。

会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2015年12月16日(水)~2016年2月6日(土)
冬季休業:
2015年12月27日(日)~2016年1月6日(水)
*2015年12月1日より営業時間が変更になりました。
月・火 アポイント制
水   16:00-22:00
木・金 13:00-19:00
土   11:00-19:00
日・祝 休廊
▶オープニング レセプション
2015年12月16日(水)18:00-22:00
▶クロストーク:野村浩×土屋誠一(美術批評家・沖縄県立芸術大学准教授)
2016年1月23日(土)18:00-19:30
会場:POETIC SCAPE
要予約、定員20名
参加費:1000円(1ドリンク付)
クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)またはPOETIC SCAPEのfacebookページのメッセージにて、
参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。

We are pleased to announce Hiroshi Nomura’s 3rd solo show at POETIC SCAPE “Invisible Ink”

Invisible Ink, also known as ”magical blue ink” has been re-commoditized by a man from Argleton, U.K., William Louis, who is hoping to regain the magic of photography in the modern world in which sliver photography has been replaced by digital technology.

Dec.16 - Feb.6.2016
(Closed Dec.27.2015 - Jan.6.2016)
at POETIC SCAPE

*Our open days and hours has been changed.

Wed. / 16:00-22:00
Thur.-Fri. / 13:00-19:00
Sat. / 11:00-19:00
Mon.,Tue. / by appointment
Sun., National Holidays / Closed

▶<Opening Reception>
Dec.16.2015 18:00-22:00

toshiya wtanabe

©Yoshiichi Hara

PAST EXHIBITION

原芳市『淑女録』

POETIC SCAPEでは、2015年10月21日(水)より原芳市『淑女録』を開催いたします。2014年開催の『光あるうちに』以来、弊廊では2度目の個展となります。

「E・J・ベロックというアメリカの写真家の存在を知った。彼は1910 年代のニューオーリンズの娼婦をたくさん撮影していた 。それを教えてくれた友人から4×5インチのカメラを借りた。そして、前衛舞踏家をスタジオで撮影した。その後、ピンク・サロン嬢、ダンサーを撮影した。 その3人の写真が、『淑女録』の発端だった。半年の間、暗室の壁に3人の写真のベタが並んでいた。暗室に入る度に、その写真を眺めていた。1980年だった。ぼくはまだ、32歳になったばかりだった。ー原芳市ー

会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2015年10月21日(水)~12月5日(土)*延長いたしました
木~日 13:00-19:00
水のみ 16:00-22:00(ナイト営業)
*最終日の12/5のみ11:00-19:00
月・火休廊
▶オープニング レセプション
2015年10月21日(水)18:00-22:00
▶クロストーク:原 芳市×和多田 進(ジャーナリスト)
2015年10月24日(土)18:00-19:30
会場:POETIC SCAPE
要予約、定員20名
参加費:1000円(1ドリンク付)
クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)またはPOETIC SCAPEのfacebookページのメッセージにて、
参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。

POETIC SCAPE is pleased to announce Yoshiichi Hara’s solo show “Shukujoroku” which is his 2nd solo exhibition at POETIC SCAPE since “Walk while ye have the light” held in 2014.

Oct.21 - Nov.22.2015
at POETIC SCAPE
Thur-Sun 13:00-19:00
Wed 16:00-22:00

▶<Opening Reception>
21/Oct. 18:00-22:00

▶<Crosstalk Event> (in Japanese language)
Yoshiichi Hara x Susumu Watada (journalist)
Oct.24 18:00-19:30
fee: 1000yen includes 1drink
booking needed in advance by email (front-desk@poetic-scape.com)
for the first 20 persons.

toshiya wtanabe

©Hiroshi Mikami + Kiyoshi Tatsukawa

PAST EXHIBITION

三上浩+達川清『QUAU in photo』

QUAU in photoは、彫刻家 三上浩と写真家 達川清が1987年〜1992年に行った共同プロジェクトです。三上浩が暗闇の中でハンマーを振り下ろして石を打ち、その際に飛び散った火花を、達川清がシャッターを開きっぱなしにしたカメラで一枚のフィルムに写し込んでいます。

当プロジェクトは1990年に水戸芸術館で開催された展覧会『脱走する写真|11の新しい表現』にも選出されました。本展示では当プロジェクトからセレクトした作品を、あらたにプリントして展示いたします。ぜひご高覧ください。

会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2015年9月9日(水)~10月11日(日)
*会期中すべてナイト営業となります。
水~日 16:00-22:00(ナイト営業)
月・火休廊
▶オープニング レセプション
2015年9月9日(水)18:00-22:00
▶クロストーク:達川清×小高美穂(アーティストリエゾン/フォトキュレーター)
2015年9月19日(土)18:00-19:30
要予約、定員20名
参加費:1000円(1ドリンク付)
クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)またはPOETIC SCAPEのfacebookページのメッセージにて、
参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。

POETIC SCAPE is pleased to announce Hiroshi Mikami + Kiyoshi Tatsukawa “QUAU in photo”

QUAU in photo is a collaborative project between sculptor Hiroshi MIkami and photographer Kiyoshi Tatsukawa, which carried out from 1987 to 1992. Mikami hits stone with a hammer in a dark, Tatsukawa captures the sparks from the stone, on one single film with bulb shooting.

The project was introduced to public at the exhibition “Beyond the photographic frame | 11 recent works” which took place at ATM contemporary art gallery in 1990. POETIC SCAPE will exhibit selected works from the project with new prints.

Sep.9 - Oct.10. 2015
at POETIC SCAPE
WED-SUN 16:00-22:00
Closed: Mon & Tue

Special Thanks : Photographers’ Laboratory

▶<Opening Reception>
9/Sep/2015 (Wed) 18:00-22:00

toshiya wtanabe

©Elena Tutatchikova

PAST EXHIBITION

エレナ・トゥタッチコワ展
『After an Apple Falls from the Tree, There is a Sound -林檎が木から落ちるとき、音が生まれる-』

POETIC SCAPEでは、2015年5月13日(水)よりエレナ・トゥタッチコワ展『After an Apple Falls from the Tree, There is a Sound -林檎が木から落ちるとき、音が生まれる-』を開催いたします。
クロストークには美術史家/美術評論家/東京藝術大学先端芸術表現科教授の伊藤俊治氏をお迎えします。

会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2015年5月13日(水)~6月14日(日)
木~日 13:00-19:00
水曜日 16:00-22:00(ナイト営業)
月・火休廊
▶オープニング レセプション
2015年5月13日(水)18:00-22:00
▶クロストーク:エレナ・トゥタッチコワ×伊藤俊治(美術史家/東京藝術大学教授)
2015年5月23日(土)17:00-18:30
要予約、定員20名
参加費:1000円(1ドリンク付)
クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)にて
参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。

林檎が木から落ちるとき、音が生まれる。それはどんな音だろう。

私にとってそれは、子供のころの記憶がわき起こる瞬間、あるいは誰にも気づかれなかった自然の静寂の音。そして、写真を見返す時に気づく音。あるいは、みるものが初めて気づいた、常にあった音かもしれない。

このシリーズには、私の師である大学教授や友人の家族がモスクワ郊外のダーチャ(夏を過ごすために作られた、庭や菜園のあるサマーハウス)で暮らした夏の風景が写されている。

ダーチャというトポス抜きにロシア人と自然の関係を考えることはできない。ダーチャには、東ヨーロッパ平原に生きる現代ロシア人の自然に対する哲学が凝縮されている。ダーチャでの暮らしには自然との調和がその根底にある。それは、菜園作りに始まり、ベランダから雨を眺めながら瞑想する、あるいはお茶を飲むといった、人間の根源的な幸福を保ちながら営まれる、半ば修行的なものである。朝早くに起きて、太陽の光で暖まった水で体を清める。そして簡素な朝食を食べて、仕事に向かう。土いじりの仕事か、あるいは都会から持ち込んだ仕事かは人それぞれ。仕事が終わったら、家族や近所の人たちと会話の時間。夏の一日は長い。ダーチャでの会話は夜更けまで続く。

ダーチャで交わす会話は周囲の風景さながら。ゆっくりと流れる川もあれば、どこまでも広がる草原もある。太陽が沈む頃には、深くて終わりのない森がより鮮明に見えてくる。どこまでも広がる、山のない平原に住むロシア人は、待つことが多い。山に囲まれた暮らしを送る人々のように、山を越えたらまた別の世界が広がる、あるいは次の山が見えてくるといった、来たるべき可能性を求め続けるのではない。ただ次のこと、次の季節が来ることを黙々と待つのに慣れている。長い冬の後、短い春、そして暑い夏が来るのを待ち、そして夏には、庭の木と静かにささやき合いながら秋が来るのを待つ。その次にはまた長い冬が来ることを知りながら。

毎年、夏が終わろうとしている時、林檎が生まれ、木から落ちる。そして土になってまた次の夏生まれ変わる。子供たちが成長して大きくなる。そしてまた新しい人間が誕生する。人間と木が、お互いを見つめ合いながら生き、地面になり、生まれ変わる。毎年同じこと、全く同じことの繰り返し。

人間の生きる空間は、人間の身体や精神に絶対的な影響を与える。人間は自然のごくわずかな一部にすぎず、いくら自然を支配しようとしても、決して自然の中心に立つことはない。

私は、数年に渡って郊外にあるダーチャを撮影し、自分の故郷の原風景は、ここにある事に思い至った。そのとき、林檎が木から落ちた瞬間に生まれる音に、私は初めて気がついた。

--Elena Tutatchikova

【エレナ・トゥタッチコワ】
1984年 ロシア、モスクワ生まれ。
チャイコフスキー記念モスクワ国立音楽院附属中央音楽学校、ロシア国立人文大学 東洋文化・古典古代学部に学んだ後、2012年より東京在住。
2015年、東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻 修士課程修了、現在博士課程に在籍。
写真、映像を中心に制作。日本の写真史を研究し、モンタージュによる世界像の構築やグラフ・モンタージュと映画の関係などについて論文を執筆。また、日本文学の翻訳者としても活動し、これまでに夏目漱石の『夢十夜』、大岡信編『現代詩の鑑賞101』などの翻訳に携わる
2014年、東川町国際写真フェスティバル「赤レンガポートフォリオオーディション」グランプリ受賞

PPOETIC SCAPE is pleased to announce Elena Tutatchikova's solo show “After an Apple Falls from the Tree, There is a Sound -林檎が木から落ちるとき、音が生まれる-”

May. 13 - June. 14 . 2015
at POETIC SCAPE
THUR-SUN 13:00-19:00
WED 16:00-22:00
Closed: Mon & Tue

▶<Opening Reception>
13/May/2015 (Wed) 18:00-22:00

▶<Crosstalk> Elena Tutatchikova x Toshiharu Ito (in Japanese language)
23/May/2015 (Sat) 17:00-18:30
fee: 1000yen including 1drink
booking needed in advance by email (front-desk@poetic-scape.com)
for the first 20 persons.

toshiya wtanabe

©TOSHIYA WATANABE

PAST EXHIBITION

渡部敏哉 展【THROUGH THE FROZEN WINDOW 】

POETIC SCAPEでは、2015年3月18日(水)より渡部敏哉展『THROUGH THE FROZEN WINDOW』を開催いたします。2013年の個展『18 months』以来、弊ギャラリーでは2度目の個展開催となります。

今から18年あまり前の1996年12月、30歳の渡部は友人とシベリア鉄道に乗り込み、ウラジオストックから最終目的地のロンドンまで、鉄道で旅することを企てます。極寒のロシアを横断する鉄道の旅はヘルシンキで頓挫しますが、その旅の中で渡部は列車の窓越しに多くの写真を撮影していました。

鉄道という移動体の窓から撮影された、あっという間に後方に流れゆく風景。凍った窓の影響で複雑にぼやけたモノクロ写真。18年という時を経た今、写真における記憶と記憶、時間と空間の関係性など、様々な事柄を観る者に美しく問いかけてきます。

クロストークには写真評論家であり、自身の個展 『CARDBOARD CITY 』、レクチャー『移動する窓からの眺め』などを開催し、窓越しの風景について考察されているタカザワケンジ氏をお迎えします。

会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2015年3月18日(水)~4月19日(日)
木~日 13:00-19:00
水曜日 16:00-22:00(ナイト営業)
月・火休廊
▶オープニング レセプション
2015年3月18(水)18:00-22:00
▶クロストーク:渡部敏哉×タカザワケンジ(写真評論家)
2015年4月11日(土)18:00-19:30
要予約、定員20名
参加費:1000円(1ドリンク付)
クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)にて
参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。

POETIC SCAPE is pleased to announce Toshiya Watanabe’s solo show “THROUGH THE FROZEN WINDOW” which is his 2nd solo exhibition at POETIC SCAPE since “18 months” held in 2013.

18 years ago at the age of 30, Watanabe got in the trans-siberian railway from Vladivostok, Even though the journey by train ended in Helsinki, Watanabe took many photographs through the window of the train.

The landscape, photographed from moving train, flew away backwards. Monochrome images distorted by the frozen window. After 18 years of the passing time, these photographs tell us about document and memory, the relationship between time and space.

Crosstalk will be held with critic Kenji Takazawa and Toshiya Watanabe in Japanese language.

“THROUGH THE FROZEN WINDOW” by Toshiya Watanabe

Mar. 18 - Apr. 19 . 2015
at POETIC SCAPE
THUR-SUN 13:00-19:00
WED 16:00-22:00
Closed: Mon & Tue

▶Opening Reception
18/Mar/2015 (Wed) 18:00-22:00

▶<Crosstalk> with Toshiya Watanabe x Kenji Takazawa (in Japanese language)
11/Apr/2015 (Sat) 18:00-19:30
fee: 1000yen including 1drink
Booking needed in advance by email (front-desk@poetic-scape.com)
for the first 20 persons.

Satomi Sakuma

©Satomi Sakuma

PAST EXHIBITION

佐久間里美 展【◯△□】

2013年の個展「In a Landscape」以来、POETIC SCAPEでは2度目となる佐久間里美の個展「◯△□」を2015年1月24日より開催いたします。

「◯△□」は江戸時代の禅僧で画家の仙厓(せんがい)が描いた謎多き書画を創作の源とし、佐久間が長年取り組んでいるシリーズです。今展示では一部人気の旧作を交えた15点を展示致します。またクロストークのゲストには写真家・金村修氏をお迎えします。

会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2015年1月24日(土)~3月8日(日)
木~日 13:00-19:00
水曜日 16:00-22:00(ナイト営業)
月・火休廊
▶オープニング レセプション
2015年1月24(土)18:00-20:00
▶クロストーク:佐久間里美×金村修(写真家)
2015年2月14日(土)18:00-19:30
要予約、定員20名
参加費:1000円(1ドリンク付)
クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)にて
参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。

同個展と同時期には、佐久間も参加し昨年11月にパリで開催されたグループショウ
「TOKYO 2020 BY JAPANESE POGRAPHERS #2 」が、六本木IMA CONCEPT STOREに巡回展示となります。
こちらもあわせてぜひご高覧ください。
http://tokyo2020photographers.jp/2014/index.html

佐久間里美
東京都出身、日本大学芸術学部美術学科中退。2005年、コニカミノルタフォトプレミオ入賞。
近年の主な個展に、2008年「No Nature」(MUSEE F / 東京)、2010年「◯△□」 (Port Gallery T / 大阪)、2013年「In a Landscape」(POETIC SCAPE / 東京)。
主なグループ展に、2011年「新・港村/横浜プレビュウ」(新港ピア / 横浜)、2014年「TOKYO 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS #2 」(YellowKorner Paris Pompidou / パリ→2015年1月21日よりIMA CONCEPT STORE / 東京)など。パブリックコレクション:サンフランシスコ近代美術館。絵画の世界で培った色彩構成、構図理論を写真作品に持ち込んだ作品が注目されている。
協力:株式会社 堀内カラー

POETIC SCAPE is pleased to announce our new exhibition "◯△□" by Satomi Sakuma, starting Jan 24.

at POETIC SCAPE
Jan. 24 - Mar. 8 . 2015
open / THUR-SUN 13:00-19:00
WED 16:00-22:00
Closed: Mon & Tue, except Nov. 3 (Tue.)

▶Opening Reception
Jan.24 18:00-20:00

▶Cross talk event (in Japanese Language)
Satomi Sakuma x Osamu Kanemura (photographer)
Feb.14(Sat) 18:00-19:30
fee: 1000yen including 1drink
booking needed in advance by email (front-desk@poetic-scape.com)
for the first 20 persons.

The group show “LUMIX MEETS / TOKYO 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS #2”,
which Satomi Sakuma participated last November in Paris, now coming to Roppingi, Japan.
http://tokyo2020photographers.jp/2014/index.html

Yoshiichi Hara

(前回コレクション展の様子)

PAST EXHIBITION

コレクション展【winter showcase 2014】

POETIC SCAPEでは、2014年11月29日よりギャラリーコレクション展『winter showcase 2014』を開催致します。

過去POETIC SCAPEで展示した作品から各作家数点ずつセレクト。
showcaseという名の通り、様々な作家の作品を一同にご紹介致します。
個展を見逃した方、色々なタイプの作品を見比べてみたい方におすすめです。

【出展予定作家】
野村浩、佐久間里美、原芳市、熊谷聖司、伊丹豪、尾黒久美、渡部敏哉、福山えみ、林田摂子、多田ユウコ
会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2014年11月29日(土)~12月21日(日)
木~日 13:00-19:00
水曜日 16:00-22:00(ナイト営業)
月・火休廊
【会期中イベント】
The 3rd anniversary party
2014年12月13日(土)18:00-22:00
予約不要、参加費無料

12/13(土)にはPOETIC SCAPEオープン3周年パーティを開催します。
皆様の日頃のご支援のおかげで、今年もこの日を迎えることができそうです。
どうぞお誘い合わせの上、ぜひお越し下さい。

“winter showcase 2014”

A group show with selected works from the artists who held solo exhibition at POETIC SCAPE in the past. Good opportunity if you missed their solo shows, or to compare different types of work all together.

【Participating Artists】
Hiroshi Nomura ,Satomi Sakuma, Yoshiichi Hara, Seiji Kumagai Go Itami , Kumi Oguro , Toshiya Watanabe , Emi Fukuyama , Setsuko Hayashida, Yuko Tada

at POETIC SCAPE
29/11/2014 (sat) - 21/12/2014 (sun)
open / THUR-SUN 13:00-19:00
WED 16:00-22:00
close / MON・TUE

【EVENT】
The 3rd anniversary party
13/12/2014 (sat)18:00-22:00
free of charge

We would like to celebrate with you our 3rd anniversary on 13 Dec.
Big Thank you for your warm support.
If you are around please drop by to toast together.

Yoshiichi Hara

©Yoshiichi Hara

PAST EXHIBITION

原芳市 展【光あるうちに】
“Walk while ye have the light” by Yoshiichi Hara

POETIC SCAPEでは、2014年9月27日より原芳市 展『光あるうちに』を開催致します。

会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2014年9月27日(土)~11月3日(月/祝)
木~日 13:00-19:00
水曜日 16:00-22:00(ナイト営業)
月・火休廊(11月3日のみ臨時営業)
▶オープニング レセプション
2014年9月27(土)18:00-20:00
▶クロストーク:原芳市×小林美香(東京国立近代美術館客員研究員)
2014年10月11日(土)18:00-19:30
要予約、定員20名
参加費:1000円(1ドリンク付)
クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)にて
参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。
原芳市 Yoshiichi Hara
1948 年東京生まれ。 千代田デザイン写真専門学院中退。 第24回写真の会賞受賞。
写真集は『ストリッパー図鑑』(1982年/でる舎・私家版)『曼陀羅図鑑』(1988年/晩聲社)『常世の虫』(2013年/蒼穹舎)等多数。

*展示作品には、性器が写っているものがあります。 あらかじめご了承頂いた上でご入場下さい。
また中学生以下の方は原則として、当該作品のあるスペースへのご入場をお断りさせて頂きます。

POETIC SCAPE is pleased to announce our new exhibition "Walk while ye have the light" by Yoshiichi Hara, starting Sep 27.

Sep. 27 - Nov. 3 . 2014

at POETIC SCAPE
Thur-Sun 13:00-19:00
Wed 16:00-22:00
Closed: Mon&Tue, except Nov. 3

▶Opening Reception
27/Sep. 18:00-20:00

▶Cross talk event (in Japanese Language)
Yoshiichi Hara x Mika Kobayashi (The National Museum of Modern art Tokyo)
Oct.11 18:00-20:00
fee: 1000yen includes 1drink
booking needed in advance by email (front-desk@poetic-scape.com)
for the first 20 persons.

*people under 15 years old are not allowed to access to a part of this exhibition because some images shows sexual organ.

Iga Photo

©Tamami Iinuma

Sakurai Photo

©Masakuni Murakami

Sakurai Photo

©Akiko Kimura

PAST EXHIBITION

【Summer Show 2014】飯沼珠実・村上将城・木村朗子 3人展

POETIC SCAPEでは2014年7月12日より『Summer Show 2014』を開催致します。
昨年好評を頂いた夏のグループ展、今回は飯沼珠実・村上将城・木村朗子の3人が出展いたします。
ぜひご高覧頂きますようお願い申し上げます。

会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2014年7月12日(土)~8月31日(日)
*8月13日~15日は臨時休廊
木~日 13:00-19:00
水曜日 16:00-22:00(ナイト営業)
月・火休廊
▶オープニング レセプション
2014年7月12日(土)18:00-20:00
参加作家website
飯沼珠実 http://www.tamamiii.com/
村上将城 http://www.masakunimurakami.com/
木村朗子 http://roof-8.com/akikokimura.html
伊丹豪 展【study】

PAST EXHIBITION

伊丹豪 展【study】

POETIC SCAPEでは、2014年2月11日より伊丹豪 展『study』を開催致します。

会場:
POETIC SCAPE 東京都目黒区中目黒4-4-10 1F
会期:
2014年2月11日(火・祝)~3月23日(日)
木~日 13:00-19:00
水曜日 16:00-22:00(ナイト営業)
月・火休廊(2月11日のみ臨時営業)
▶オープニング レセプション
2014年2月14日(金)18:00-20:00
*会期初日ではありませんのでご注意ください
▶クロストーク:伊丹豪×タカザワケンジ(写真評論家)
2014年3月1日(土)19:00-20:30
要予約、定員20名
参加費:1000円(1ドリンク付)

クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)にて
参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。

伊丹豪(GO ITAMI)
1976年、徳島県生まれ。2004年、写真新世紀にて佳作(奨励賞)受賞。
写真集に『MAZIME』(自費出版/ 2010 年)、『study』(RONDADE / 2013)が ある。
http://www.goitami.jp/
【伊丹豪展二カ所同時開催!】
伊丹豪写真展"study" @エプソンイメージングギャラリー エプサイト
会期:2014年2月7日(金)~2014年2月20日(木)
フォトマルシェ

<前回の会場風景>

PAST EXHIBITION

photo marché #004

皆様、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、2014年の企画第一弾は、個展はお休みして、約一年ぶりに「フォトマルシェ」を開催します。
POETIC SCAPEディレクターの柿島が、写真作品を買うという事をもっと身近にする事を目標に写真家村上将城さんと立ち上げ、
2010年から名古屋、東京で開催してきたこの企画も今回で4回目を迎えました。
普段の個展よりもお気軽な企画ですが、その分イベント盛りだくさんでお届けします。

会期:
2014年1月11日(土)~2月1日(土)
木~日 13:00-19:00
水曜日 16:00-22:00(ナイト営業)
月・火休廊
【ギャラリー展示】
ギャラリーでは、過去POETIC SCAPEで開催した展覧会の作品を「ギャラリーコレクション展」的に展示する他、過去に展示していない作品や、取り扱い作家以外の特別作品も登場する予定です。
普段は会期終了後のお渡しですが、その場でお持ち帰りできる作品も出来るだけ用意します。
【併設ストア】
POETIC SCAPE併設ストアでは、展覧会で一度だけ使用しただけ、または発注ミスなどの訳あり美品フレーム、
輸入写真集の一部、アーカイバル保存箱などを期間限定特別価格で販売します。
【ギャラリーカフェ】
普段はギャラリー奥にある円形テーブルを大きくし、ギャラリースペースに常設してだれでも気軽に利用できるカフェスペースを期間限定で開店します。
といっても所詮ギャラリーなのでこちらが用意するのは紅茶類のティーバッグ程度。(セルフサービス&カンパお願いします)でも、フード、ドリンク持ち込みOKです。
【アポ不要!柿島談話室】
個展開催時は基本的にお断りしている作品についてのアドバイスなど、写真に関わる色んな相談事を、この期間のみ解禁。
ギャラリーカフェでおしゃべりする感じで柿島が対応します。 ただし柿島が常にいるとは限らないので、もし居たらラッキーという感じでおねがいします~。
【スペシャルイベント】
詳細はまだ調整中ですが、スペシャルイベントを企画中です。
準備でき次第お知らせ致しますので、ブログ、twitter、Facebookのチェックをお願いします。

以上、どうぞお気軽にお立ち寄り下さい~。

霧

PAST EXHIBITION

多田ユウコ 展【空の結び目 地のほつれ】

POETIC SCAPEでは2013年11月23日(土)より
多田ユウコ 展『空の結び目 地のほつれ』を開催致します。

多田ユウコは日本的な空間概念である「間」をテーマに創作活動を行ってきました。
今回の展示では日本だけでなく、海外で撮影された作品も織り交ぜ、多田のユニークな視点の在処を探ります。

なお、今回はThe Third Gallery Aya(大坂)の協力を得ての開催となります。
ぜひご高覧頂きますようお願い申し上げます。

会期:
2013年11月23日(土)~12月29日(日)
木~日 13:00-19:00
水曜日 16:00-22:00(ナイト営業)
月・火休廊
▶オープニング レセプション
11月23日(土)18:00-20:00
▶クロストーク:小林美香(東京国立近代美術館客員研究員)×多田ユウコ
2013年12月14日(土)14:00-15:30
要予約、定員15名
参加費:1000円(1ドリンク付)

クロストークのお申込はメール( front-desk@poetic-scape.com)にて
参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。

多田ユウコ(Yuko Tada)
大阪芸術大学美術学科卒業。
主な個展に、2010年「山遊鹿々人々図」、2012年「やたらびゃうしにのべびゃうし」
(共にThe Third Gallery Aya/大坂)など。現在関西を拠点に作品を発表している。
2007年にMio写真奨励賞10周年記念作品賞、2008年に第9回上野彦馬賞 日本写真芸術学会奨励賞を受賞。

協力:The Third Gallery Aya

霧

PAST EXHIBITION

熊谷聖司 展【はるいろは かすみのなかへ】

ギャラリー ポエティック・スケープでは2013年9月21日より熊谷聖司 展【はるいろは かすみのなかへ】を開催致します。

さっきまで輝いていた太陽は光を失い
強い風が霧をつれてやってきた

霧が世界に入り込むと
森と湖は境目を失った

すこしたって太陽が顔を出しはじめたが
雨だけは降り続けた

春の天気はきまぐれで
頬はしずくに濡れる

会期:
2013年9月21日(土)~11月3日(日)
木~日 13:00-19:00
水曜日 16:00-22:00(ナイト営業)
月・火休廊
▶オープニング レセプション
2013年9月22日(日)18:00-20:00
*会期初日ではありませんのでご注意ください

==伊丹豪『study』×熊谷聖司『はるいろは かすみのなかへ』コラボ・レセプション==

9/22(日) 熊谷聖司展「はるいろは かすみのなかへ」は、伊丹豪 exhibition「Study」とコラボレーションします。

(1)「Study」会場の恵比寿POST(旧 limart)で「はるいろは かすみのなかへ」のDMを提示すると、
伊丹豪さんの最新作品集「study」を、通常3300円⇒3000円のスペシャルプライスで購入することができます。

(2)「はるいろは かすみのなかへ」会場の中目黒POETIC SCAPEで「Study」のDMを提示すると、
熊谷聖司の私家版シリーズ「EACH LITTLE THING」vol.1(赤版)、vol.2(金茶版)、vol.3(緑)を、
通常1800円⇒1600円のスペシャルプライスで購入することができます。

POETIC SCAPEとPOSTは徒歩15分ほどの距離です。
秋を迎え、気持ちの良い茶屋坂を散歩しつつ、両レセプションをハシゴしてください。

▶熊谷聖司によるポートフォリオ・レビュー
2013年10月5日(土)19:00-21:00
要予約、定員6名
参加費:3000円(1ドリンク付)
見学のみの方:1000円(1ドリンク付)予約不要
▶トーク&スライドショウ
10月26日(土)19:00-20:00
(演奏:中村修人・加藤学)
要予約、定員15名
参加費:1500円(1ドリンク付)
熊谷聖司(くまがい・せいじ)
1966年北海道函館市生まれ。
1994年第十回写真新世紀公募優秀賞(南條史生氏選)
『第三回写真新世紀展』にて年間グランプリ受賞。
Iga Photo

©Miwako Iga

Sakurai Photo

©Hisako Sakurai

Funaki Photo

©Naoko Funaki

PAST EXHIBITION

【Summer Show 2013】伊賀美和子・櫻井尚子・船木菜穂子 3人展

ギャラリー ポエティック・スケープでは2013年8月17日より、【Summer Show 2013】を開催致します。
今回は伊賀美和子、櫻井尚子、船木菜穂子による3人展となります。

伊賀美和子は1999年キヤノン写真新世紀優秀賞を受賞した『マダムキューカンバ』のシリーズから、櫻井尚子は先日刊行されたばかりの写真集『forms』収録の作品をゼラチンシルバープリントで、船木菜穂子は『みっつの点のきまりごと』から、風景とポートレート2枚組の写真を、この度初めて一つの額装作品に仕立てて展示します。

図らずも3人とも女性作家となりましたが、そのスタイルはまさに三者三様です。ぜひご高覧頂きますようお願い申し上げます。

会期:
2013年8月17日(土)~9月8日(日)
木~日 13:00-19:00
水曜日 16:00-22:00(ナイト営業)
月・火休廊
▶オープニング レセプション
2013年8月17日(土)18:00-20:00

PAST EXHIBITION

野村浩 展【ヱキスドラ ララララ・・・】

ギャラリー ポエティック・スケープでは2013年6月8日より、野村浩 展【ヱキスドラ ララララ・・・】を開催致します。また、新作写真集『ヱキスドラ ララララ・・・』も会場にて発売致します。ぜひご高覧頂きますようお願い申し上げます。

会期:
2013年6月8日(土)~7月14日(日)
木~日 13:00-19:00
水曜日 16:00-22:00(ナイト営業)
月・火休廊
▶オープニング レセプション
2013年6月8日(土)17:00-19:00
▶クロストーク1:飯沢耕太郎(写真評論家)× 野村浩
2013年6月9日(日)18:00-19:30
要予約、定員20名
参加費:1000円(1ドリンク付)
▶クロストーク2:青山裕企(写真家)× 野村浩
2013年6月30日(日)18:00-19:30
要予約、定員20名
参加費:1000円(1ドリンク付)

各クロストークの申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)にて 参加希望のクロストークを明記の上、参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。

野村浩(HIROSHI NOMURA)
キヤノン写真新世紀第3回(1992年)、第5回(1993年)公募優秀賞受賞。
主な個展に、1997年「THE GENESIS OF THE EXDORA WORLD」(Taka Ishii Gallery/東京)、2008年「目印商品 展」( LOGOS GALLERY/東京)、2012年「EYESー真夏の昼の夢」(POETIC SCAPE/東京)がある。2008年「テグ・フォトビエンナーレ」(韓国)、2012年「PHOTOESPAÑA 2012 Asia Serendipity(スペイン)など海外のグループ展にも多数参加しており、2013年6月にはオランダGalerie Ramakersでのグループ展参加が決まっている。
2010年エルメスの季刊誌『LE MONDE D’HERMÈS』ゲストページに10ページにわたり『EYES』の作品が掲載された。

協力:キヤノン株式会社

PAST EXHIBITION

佐久間里美 展【In a Landscape】

ギャラリー ポエティック・スケープでは2013年4月20日より、佐久間里美 展【In a Landscape】を開催致します。
ぜひご高覧頂きますようお願い申し上げます。

会期:
2013年4月20日(土)~5月26日(日)
木~日 13:00-19:00
水曜日 16:00-22:00(ナイト営業)
月・火休廊
▶オープニング レセプション
2013年4月20日(土)18:00-20:00
*Afterhoursによるハンドドリップコーヒー(有料)
▶クロストーク1:タカザワケンジ(写真評論家)× 佐久間里美
2013年4月27日(土)18:00-19:30
要予約、定員20名
参加費:1000円(1ドリンク付)
▶クロストーク2:港千尋(著述家・写真家)× 勝又公仁彦(美術家・写真家)× 佐久間里美
2013年5月18日(土)18:00-19:30
要予約、定員20名
参加費:1000円(1ドリンク付)

各クロストークの申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)にて 参加希望のクロストークを明記の上、参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。

佐久間里美(Satomi Sakuma)
東京都出身。日本大学芸術学部美術学科中退。
2005年フォト・プレミオ入賞後、「No Nature」(MUSEE F、2008年)「○△□」(Port Gallery T、2010年)など、東京と大阪を中心に個展を開催。また「BankART Life 横浜トリエンナーレ2011特別連携プログラム 横浜プレビュウ /新・港村」 等のグループ展でも作品を発表している。 2012年、サンフランシスコ近代美術館に作品が収蔵された。

協力:株式会社 堀内カラー

PAST EXHIBITION

渡部敏哉 展【18 months】

ギャラリー ポエティック・スケープでは2013年3月9日より、渡部敏哉 展【18 months】を開催致します。 福島県浪江町出身の渡部は、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故で警戒区域に指定された故郷を、定期的に記録してきました。この仕事は今後も継続しますが、今回は震災以降18ヶ月間に撮影された写真をまとめ展示致します。

また、この展示に合わせ、ポエティック・スケープから写真集『18 months』を発刊いたします。
売り上げの一部は復興支援のため浪江町に寄付する予定です。
クロストークには現代社会問題や人権侵害などを重点テーマに据え、国際的に活動されているフォトキュレーター後藤由美氏を迎えます。渡部の仕事に関してはもちろん、昨今のフォトドキュメンタリー/フォトジャーナリズムの現状や広がりに関してもお話頂く予定です。

↓後藤氏の運営する「REMINDERS PHOTOGRAPHY STRONGHOLD」
http://reminders-project.org/rps/ja/

2011年3月11日から2年が過ぎようとしています。 この機会にぜひご高覧頂きますようお願い申し上げます。

会期:
2013年3月9日(土)~3月31日(日)
木~日 13:00-19:00
水曜日 16:00-22:00(ナイト営業)
月・火休廊
協力:株式会社フレームマン
▶オープニング レセプション
2013年3月9日(土)18:00-20:00
▶クロストーク:後藤由美(フォトキュレーター)× 渡部敏哉
2013年3月10日(日)17:00-18:30
要予約、定員20名
参加費:1000円(1ドリンク付)

申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)にて 参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。

渡部敏哉(Watanabe Toshiya)
1966年福島県生まれ。

在学中にPARCOが主催する「期待される若手写真家20人展」に選出され、写真作活動を始める。
現在アートディレクターとして広告・CM等を制作しながら、写真制作を続けている。
近年はPotolucida Critical Massなど、国際的な写真コンペティションに多数入選、その作品に注目が集まっている。

*現在他のイベントを企画中です。最新情報は以下をご覧下さい。
>Blog: http://blog.photta-lot.com
>twitter:@POETIC_SCAPE
>Facebook:http://www.facebook.com/poeticscape

PAST EXHIBITION

野村恵子 展【Soul Blue -蒼の彼方へ-】

ギャラリー ポエティック・スケープでは2013年1月12日より、野村恵子 展【Soul Blue -蒼の彼方へ】を開催致します。
最新写真集『Soul Blue』収録作品に、2012年11月にイギリスで撮影した新作数点を含む、全19点を展示する予定です。
寒さが厳しい時期の開催となりますが、ぜひご高覧頂きますようお願い申し上げます。

会期:
2013年1月12日(土)~2月24日(日)
木~日 13:00-19:00
水曜日 16:00-22:00(ナイト営業)
月・火休廊
▶オープニング レセプション
2013年1月12日(土)17:30-20:00
▶クロストーク1:タカザワケンジ(写真評論家)×野村恵子
2013年1月19日(土)18:00-19:30
▶クロストーク2:石内都(写真家)×野村恵子
2013年2月16日(土)18:00-19:30

クロストークはいずれも要予約、定員20名(着席10名、立ち見10名)
参加費は1000円で1ドリンク付ですが、野村恵子プリント作品または写真集「Soul Blue」ご購入の方は無料とさせて頂きます。
申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)にて参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。

*現在他のイベントを企画中です。最新情報は以下をご覧下さい。
>Blog: http://blog.photta-lot.com
>twitter:@POETIC_SCAPE
>Facebook:http://www.facebook.com/poeticscape

PAST EXHIBITION

photo marché 2012

12月はポエティック・スケープの展示ではなく、ポエティック・スケープ ディレクターの柿島が2007年から主宰している
アートフォトレーベルphotta-lot(フォッタロット)の企画として『フォトマルシェ 2012』を開催します。

フォトマルシェは写真作品や写真集を買うという事をもっと身近にする事を目指し、2010年から名古屋のギャラリー時折で共同開催してきた企画です。
今年は「買う」だけでなく「売る」という事にもフォーカスしてみようと思います。
会期中、様々なイベントをご用意してます。ぜひ気軽に中目黒までお出かけ下さい。

会期:
2012年12月1日(土)~12.29(土)
営業時間:13:00-19:00 
水のみ:16:00-22:00
休廊日:月・火
(この展示からPOETIC SCAPEの営業時間を変更します)
【通常企画】(会期通して開催)
▶【写真作品のテイクアウト】
▶【ギャラリーカフェ&柿島相談室】
【特別イベント】
▶12.8【村越としやトークイベント:大きな石とオオカミについて】
▶12.15 【POETIC SCAPE1周年記念大感謝祭】

①【クロストーク 小高美穂×柿島貴志~写真作品を売る、写真家を売り込む仕事~】
②【写真集プレゼン販売】

▶12.22 【小林美香&柿島貴志2人制ポートフォリオレビュー】
各イベントの詳細はブログをご覧下さい。

PAST EXHIBITION

福山えみ 展『A Trip to Europe』

ギャラリー ポエティック スケープでは9月15日より福山えみ 展『A Trip to Europe』を開催致します。

2009年夏の1ヶ月間、ヨーロッパを旅した。

私に縁もゆかりもない街にも、人々の日常が本当に存在していることを
しっかりとこの目で見てみたかった。

でもそれは私にとって非日常の毎日だった。
街へ出て部屋に戻る。
そのことをただただ繰り返した毎日は、旅そのものだった。
-福山えみ-

In the summer of 2009, I traveled to Europe.

I wanted to see, with my own eyes,
that ordinary lives of people with no connection to me actually existed.

But it turned out that, for me, these lives were extraordinary.
Everyday, I left my room, went out and came back.
It was a small trip of its own.
-Emi Fukuyama-

会期:
2012年9月15日(土)~11月4日(日)
水~日 14:00-20:00
金のみ 14:00-21:00
月・火・祝休廊 *ただし9月22日(土)11月3日(土)は営業
イベント:
・クロストーク福山えみ×小林美香(東京国立近代美術館客員研究員) 2012年9月16日(日)15:30-17:00

要予約、定員20名、参加費無料。申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)にて。参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。

・オープニング レセプション:2012年9月16日(日)17:30-20:00

予約不要、無料

*現在他のイベントを企画中です。最新情報は以下をご覧下さい。

・Blog: http://blog.photta-lot.com
・twitter:@POETIC_SCAPE
・Facebook:http://www.facebook.com/poeticscape

PAST EXHIBITION

野村浩 展 『EYES-真夏の昼の夢』

この度ギャラリー ポエティック スケープでは美術家・野村浩による展覧会『EYES-真夏の昼の夢』を開催致します。

身の回りのモノに目玉を描き入れる事は、子供のころ誰でも一度は経験のある行為だと思います。
野村浩は、この誰もが無邪気に行って来た行為に注目。
『EYESシリーズ』を創作活動の基本に据え長年取り組んでいます。

シンプルな目玉のシールを花やコップなど身の回りのモノに貼付ける。
たったそれだけの事なのですが、その瞬間から世界が変容します。

今回の展示では2007年の作品集『EYES』出版後に制作された作品や新作などに加え、
夏休みの企画らしく、写真集や目玉関連の楽しいグッズなども各種販売します。
そしてトークイベントも豪華ゲストを招いての2本立て。
野村浩が贈る夏祭りの様な展示となりそうです。ぜひお誘い合わせの上お楽しみ下さい。

会期:
*会期延長しました*
2012年7月21日(土)~9月2日(日)
水~日 14:00-20:00
金のみ 14:00-21:00
月・火・祝休廊
イベント:
・アーティストトーク1【延期分として】野村浩×小林美香(東京国立近代美術館客員研究員) 2012年8月19日(日)15:30-17:00

要予約、定員20名、参加費無料。申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)にて。参加者の氏名、人数をお知らせ下さい。

・オープニング レセプション:2012年7月22日(日)17:30-20:00

予約不要、無料

・アーティストトーク2:野村浩×畑中章宏(多摩美術大学芸術人類学研究所特別研究員) 2012年8月12日(日)18:00-19:30

*満席となりましたのでご予約の受付を終了しました。*

PAST EXHIBITION

北川陽稔 展 『annoski』

この度ギャラリー ポエティック スケープでは北海道在住の写真作家、北川陽稔(きたがわあきよし)による展覧会「annoski」(アンノシキ)を開催致します。

北川はアイヌの地名が残る場所にカメラを据え、日没からあたりが暗闇に包まれるまでの時間に数分から数十分の長時間露光による撮影を行います。
陽が沈み、闇が始まるこの時間帯は古い日本語で「逢魔時、大禍時」(おおまがどき)と呼ばれ、現世(うつしよ)と常世(幽世・隠世)が繋がる時間とされてきました。
現代人の様々な営みによって上書きされた土地の奥底から、太古の姿がじわりとしみ出してくるのを待つ。儀式にも似た北川の撮影は、フィルム上に青みを帯びた神秘的なランドスケープを刻みます。(annoskiとはアイヌ語で「夜、真夜中」の意味)

今回の展示ではキヤノン写真新世紀2011にて入賞した「annoski」シリーズから約15点を展示致します。

会期:
2012.5.23(水)~6.24(日)
水~日 14:00-20:00
金のみ 14:00-21:00
月・火・祝休廊
* 2012年5月21日よりギャラリーの営業日、営業時間を上記の通り変更いたします。
イベント:
・アーティストトーク:2012年6月2日(土)16:00-17:00

予約不要、無料。先着15名座席有り

・オープニング レセプション:2012年6月2日(土)17:30-20:00

予約不要、無料

プロフィール:
北川陽稔(Akiyoshi Kitagawa)
1978年札幌生まれ。東京にて映像作家として活動し、短編映画の制作等を行う。
作品はアンディ・ウォーホルやガス・ヴァン・サントらが名を連ねるアメリカの映画祭
Ann-Arbor Film Festival において選考上映され、調布映画祭にて奨励賞を受賞。
近年北海道に戻り写真作家活動を本格化。キヤノン写真新世紀2011にて佳作受賞。
今後の活躍が期待される若手写真作家。
http://www.akiyoshikitagawa.com/

PAST EXHIBITION

尾黒久美 展『Play』

ベルギーを拠点にヨーロッパで活動する尾黒久美の展覧会を開催致します。弊ギャラリーのリクエストにより制作された特別エディション(イメージサイズ 43×43cm)の額装作品に加え、ヨーロッパで展開しているフォトアクリル仕様の大型作品(同100×100cm)1点を同時に展示致します。(協力:SANAGI FINE ARTS)

また併設ストア フォッタロットでは、弊店が輸入販売業務を行っているブリュッセルのアート系パブリッシャー「Le Caillou Bleu」刊行の尾黒久美作品集『NOISE』や2010年に東京と大阪で開催した展覧会『NOISE』で発表した旧作プリントも販売致します。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

(今展覧会での作家の来日予定はございません)

会期:
2012.4.3(火)~5.5(土) 12:00-19:00

場所:POETIC SCAPE  目黒区中目黒4-4-10 1F
営業時間:12:00-19:00
休廊日:日曜・月曜

PAST EXHIBITION

林田摂子 展『森をさがす』

2010年に刊行された写真集『森をさがす』からセレクトされた作品に未収録作品を加えた計20作品を展示します。

会期:
2012.2.14(火)~3.17(土)
イベント:
・アーティストトーク:2012.2.18(土)16:00-17:00

終了いたしました

・オープニング レセプション:2012.2.18(土)17:00-19:00

終了いたしました

場所:POETIC SCAPE  目黒区中目黒4-4-10 1F
営業時間:12:00-19:00
休廊日:日曜・月曜

PAST EXHIBITION

熊谷聖司 展『Spring, 2011』

熊谷聖司が戸惑いながらも撮影した、2011年という特別な年の春です。

11月に出版した同名写真集に収録された作品を中心に展示します。
また、作品の売り上げの一部は東日本大震災の被災者支援の為に寄付されます。

会期:
2011.12.16(金)~2012.2.4(土)
(年末年始休業:2011.12.25~2012.1.9)
イベント:
・アーティストトーク:2011.12.18(日)16:00-17:00

終了いたしました

・オープニング レセプション:2011.12.18(日)17:00-19:00

終了いたしました

場所:POETIC SCAPE  目黒区中目黒4-4-10 1F
営業時間:12:00-19:00
休廊日:日曜・月曜(12/18のみ特別開廊)

ACCESS

<中目黒駅から徒歩11分>
中目黒駅正面出口改札を出て右折し、山手通りを直進。
スペイン料理店の角を右折し再び直進。
つきあたりを右折し3軒目。

*住宅街の中を通るルートもあります。
(中目黒駅南出口から徒歩11分)
途中の八幡神社付近が迷いやすいのでご注意下さい。
<渋谷駅からバス20分>
東急バス渋41系統中目黒駅・大鳥神社経由に乗り
目黒警察署前で下車。
信号を渡りスペイン料理店の角を入って直進。
つきあたりを右折し3軒目。

POETIC SCAPE  目黒区中目黒4-4-10 1F
営業時間などは展示によってことなりますので
展示概要をご確認ください。

メール:front-desk@poetic-scape.com
電話:03-6479-6927
WEB:http://www.poetic-scape.com

MAP